化粧をすること自体の好奇心。
「デトックス」法にはリスクや課題は無いと言えるのだろうか。
だいたい、体内に蓄積してしまう「毒素」というのはどのような物質で、その毒とやらは果たして「デトックス」の力で流せるのだろうか?日本の医療全体がクオリティ・オブ・ライフ(quality of life=生活の質)を大切に捉える傾向にあり、経済の円熟と医療市場の拡大もあって、外見を自分好みに変化させられる美容外科は現在注目を集めている医療分野だと考えられている。
夏、強い紫外線を浴びたときに極力ダメージを小さくする方法を3つ。
1.日焼けした部分を冷やす2.たっぷりと化粧水を付けて保湿する3.シミ予防のためにも表皮を剥いてはいけないのでそのままにしておくことに夜10時〜2時までの240分間は皮膚のゴールデンタイムと呼ばれており、お肌の生まれ変わりが更に促されます。

この夜10時から深夜2時の間によく寝ることが一番効果の高いスキンケアの要だと考えています。

内臓矯正というものは周囲の筋肉や骨格が主因で位置以上を起こした臓器をもともと収められていなければいけない位置に戻して臓器の機能を良くするという施術なのです。

例えるなら…今、PCを見つめながら頬杖をついたりしているのでは?実はこの体勢は手のひらからの圧力を思いっ切り頬へ伝えて、お肌に負荷をかけることにつながっています。

全身にあるリンパ管に沿うように走る血行が悪くなってしまうと、重要な栄養や酸素が隅々まで配られにくくなり、不要な脂肪を多く蓄積させる原因になるのです