残業、飲み会、どうしても見たくなる深夜のスポーツ中継・翌日の家族のお当作りや食事の準備…。
皮膚が荒れると知ってはいても、毎日の生活ではしっかり睡眠時間を確保できない人が大半を占めるようです。

乾燥肌による痒みの要因の大方は、老化によるセラミドと皮脂の量の衰えや、石けんなどの使い過ぎによる皮膚の保護機能の劣化によって発生します。

頬や顔の弛みは年老いて見える要因になります。

皮膚の弾力や表情筋と呼ばれる筋肉の緩みがたるみをもたらしますが、それに加えて日々の暮らしにおける何気ない仕草も誘因になります。

更に日々の生活のストレスで、心にまでも毒はどんどん積み重なっていき、同時に身体の不調も招いてしまう。
「心も体も毒まみれ」という不安こそが、現代人をデトックスに駆り立てるのだ。
日本皮膚科学会の診断の目安は、@痒み、A固有の皮疹とその拡散エリア、B慢性及び反復性の経過、3点全部チェックが入るものを「アトピー性皮膚炎(atopic dermatitis)」と診断する。
リハビリメイクという新しい言葉には、様々な体の機能に損傷を受けてしまった人のリハビリと同様に、顔や身体の外見に損傷を受けてしまった人がもう一度社会に踏み出すために勉強する技という意味が込められています。

頭皮は顔の肌と繋がっているため、額までの部分も頭皮と均一と考えることをあなたは知っていますか。
加齢に従いスカルプがたるみ始めると、その下にある顔の弛みの誘因となってしまいます。

化粧の利点:新しいコスメが出た時のドキドキ。
素肌とのギャップの楽しさ。
数多あるコスメにお金をつぎ込むことでストレス解消になる。